> 以前の記事
> カイザーストーリークエスト、覚醒から旅立ちまで
前回の記事のあずみさんのコメントにて、カイザーのストーリーをこのブログで知ったということだったので、続きを書こうと思います。
あずみさん以外にも、会話をすっ飛ばしてここで物語の内容を知ったって人はいる……かもですし。
d0148092_1716049.jpg
で、前の記事のコメントの日付を見てもらえると分かるんですが、これ書いてるの2月中旬です……。
カイザーはとっくにLv120になってるので、まとめて1つの記事にしようと思ったら序盤のストーリーが濃厚なため、文章量が多くなりすぎるので分けて書くことに。

ってことで、続きは全てネタバレな記事です。



とりあえず、チュートリアルでカイザーになったプレイヤーキャラ。
d0148092_1553931.jpg
いきなりノヴァの守護神であり、最強の戦士の異名でもあるカイザーなんて言われても実感が無く、不安になり混乱してしまいます。

プレイヤーとしても、いきなり異世界の異種族のストーリーなので説明が欲しいところ。
なので、まずはノヴァの大神官であるペンリルに話を聞きに行きます。
d0148092_15113413.jpg
Q.これから俺は何をすればいいですか?
A.最高の戦士になりたかったら修行しなさい。

Q.先代カイザーについて教えてください。
A.占領された首都でマグナスの罠にはまり、最期は自爆しました。

Q.先代カイザーの剣について教えてください。
A.「カイセリウム」っていうすごく強い剣だけど、先代カイザーと一緒に消えました。

Q.この世界について教えてください。
A.「グランディス」っていう多種族が存在する世界で、大戦の後、今は「ダルモア」って奴にほぼ支配されてます。
ちなみに、ダルモアは「生命の“超越者”」です。


要約するとこんな説明を受けた後に、少し体をほぐすために手近な敵を数匹倒します。
d0148092_15352974.jpg
このスキルがカイザーの基本攻撃になりますが、まさかレベルがいくつになろうともこの「ドラゴンスラッシュ」のお世話になるとは思ってもみませんでした……。
d0148092_15571036.jpg
他にコマンドスキルといって、方向キー2つと攻撃ボタンを全て同時に押すことでスキルを発動させることも出来るらしいですが、それに気付いたのはLv50過ぎてからでした。
アランみたいなコマンドだと思ってたら、全部同時押しって……。
ま、これまでの職業のスキル同様キー設定で発動させることが出来るからいいんですけどね。

それで、体をほぐした後は、例の事件の時に一緒にいたティアに会いに行きますが、居場所が分からないのでパンテオンにいるベルデロスに心当たりがあるかどうかを聞きます。
d0148092_15402997.jpg
ベルデロスとティアとカイザーは「ヘリシウム攻撃隊」というものを幼い頃に結成していて、小さいながらもアジトを持ってます。
ベルデロスによると、ティアはそのアジトにいるんじゃないかとのこと。

という訳で、早速ヘリシウム攻撃隊のアジトへ向かいます。
d0148092_15442058.jpg
ティアは聖物と反応してしまい、腕に聖物がくっついてしまった状態になっていました。

聖物はパンテオンを外部の他種族から守るバリアを維持するための重要な物。それを自分のせいで1つ失くしてしまったということで、自責の念に駆られてティアは落ち込んでいる様子。

ティアのために何か出来ることはないかと考え、ティアはきれいな石が好きだったことを思い出して、それをプレゼントしようと思って石集めをしたけど、やっぱり女性には花かなと思い直して花を集めてティアに持っていきます。

花を届けると、ティアは強がりを言ってアジトから出て行ってしまいます。
そこに同じくティアを慰めようとしてアジトに来たベルデロスと鉢合わせますが、ティアとすれ違ってしまったため、カイザーと狩の競争をしようと言い出します。
カイザーは乗り気ではありませんでしたが、ベルデロスの修練という言葉を聞いて断れなくなったので、仕方なく付き合うことに。
d0148092_1674045.jpg
狩を終えて戻ってくるとカイザーの方が勝ったようで、負けたベルデロスは歪んだ劣等感を抱いてしまいます。

この辺りから、仲がよかった3人の関係がギクシャクしていきます。

それからカイザーは街の人々を助けようと思い立ち、パンテオンの人たちの手伝いをします。
ちなみに、この過程でエンジェリックバスターが街の噂になってるという情報を耳にします。

それが一段落したところ、パンテオンの裏側で怪しい気配を察知したので行ってみると、そこでは例の事件の下手人である怪しい司祭達がこそこそと相談をしてました。
カイザーに見つかった怪しい司祭たちはこちらを攻撃してくるので、迎撃。
d0148092_16313817.jpg
軽くあしらうと、カイザーに敵わないとみた怪しい司祭たちは逃亡します。カイザーも追いかけますが、結局逃げられてしまいます。

このことを騎士団のカタリオンに報告し、他の聖物を管理している北、西、南の聖地(東のはティアと反応・消失)の警戒を強めると共に、カイザー自身が巡回します。

まずは北の聖地から。
特に異常は無い様子。北の聖地に派遣されている司祭アドルに警戒するよう注意を呼びかけますが、それなら聖地を離れる訳にはいかないということで、アイテムを集めてきてくれと頼まれます。

アイテムを集めてくると、エンジェリックバスターも北の聖地に来てたらしく、同じく警戒をしておくように言われたとのこと(ついでにクエストも頼んだらしい)。

エンジェリックバスター……一体何者なんだ?

次の聖地は普通ならば西に行きそうなものですが、アドルが南の聖地の司祭クリスティーナが心配だということで、南の聖地へ行くことに。

南の聖地も特に問題は無し。
ですが、クリスティーナから依頼を受けて、治安維持のため周辺のモンスター退治をします。
サクッと依頼を終わらせて、次は西の聖地へ行こうとしたその時――邪悪な気配を感じ取り、その気配を辿っていくと、またもや怪しい司祭たちと遭遇し、戦闘になります。
d0148092_14414096.jpg
怪しい司祭たちを撃退した後、クリスティーナ1人では聖地を守れないということで騎士団のカタリオンにこのことを伝えます。

カタリオンは南の聖地が襲われそうになったということは、西の聖地はもっと危険だと言います。何やら、西の聖地の司祭であるイスマイルは全く戦闘が出来ないらしく…。
何ゆえ戦闘出来ないやつばかりに聖地を管理させているのやら……? この数十年よく無事だったな、パンテオン……。

カタリオンは怪しい司祭の調査と、騎士団の聖地守護隊の編成中で、戦力を動かせないとのこと。
ってことで、カイザーは単身で西の聖地へ急行。
d0148092_1452548.jpg
しかし、時既に遅く、聖物も司祭の姿もありませんでした。
が、まだ間に合うかもしれないと思い、意識を集中して邪悪な気配を察知し、怪しい司祭たちを見つけますが、聖物に関しては何もしらない者達だったようで空振りに。

仕方ないので、怪しい司祭を調査しているとも言っていたカタリオンなら何か分かるかもしれないため、カタリオンに西の聖地のことを報告します。

カタリオンに事情を報告すると、バリアを維持している4つの聖物のうち2つもなくなってしまったというのは一大事なので、まずはその影響で何がどうなるかを知るために、大神官であるペンリルに状況を報告。

ペンリルは東の聖物が無くなった時からバリアが弱まっていることに気付いていたため、もう1つの聖物が無くなったことに関しては状況を重く見ている様子。
他のバリアを担当する司祭と話し合った結果、このままではバリアが維持出来ずに、下手をするとダルモアの手の者が攻めてきた場合、易々とその進入を許してしまうとのこと。
また、聖物を取り戻してもバリアの復旧には時間が掛かるため、一刻も早く聖物を奪還する必要があるとのこと。

このことをカタリオンに報告すると、丁度怪しい司祭たちのアジトを発見したとのこと。
聖物も恐らくそのどこかにあると推測され、今は一刻も早く聖物を奪還することが最優先事項なので、騎士団も動いて敵の注意を引き付けるから、カイザーが聖物を取り戻して欲しいと言われます。

ということで、怪しい司祭のアジトへ。
d0148092_15205225.jpg
ここでやらなければならない任務(クエスト)は3つ。

まずは聖物の奪還。これはアジト内の敵がドロップします。
次に、怪しい司祭の人数が多いため、敵勢力の一部の排除(下級司祭100人)。どんだけ内部に裏切り者がいるんだか……。パンテオンというか、ノヴァはこんなんで大丈夫なのか?
最後に、敵の動きが組織立っているため、裏で糸を引いている者がいる可能性が高いので、その調査。

この3つを同時進行しますが、序盤のクエストだけあって何も難しいことはありません。単に敵を倒してればいいだけですからね。
d0148092_15283371.jpg
敵を倒しながら、首尾よく豆腐聖物も手に入れ、アジトの最奥部へ。
d0148092_15313788.jpg
そこには、マグナスのホログラムと会話している怪しい司祭が。
どうやら裏で糸を引いているのはマグナスで、バリアさえなければパンテオンの兵力は取るに足らないため、これから攻撃準備に取り掛かるらしい。

会話を聞いていると、怪しい司祭がこちらに気付いたため、サクッと倒してマグナスからの便りを入手。
d0148092_15392391.jpg
これは首謀者がマグナスだということを示す重要な証拠品になります。

全ての任務を終えてアジトから脱出し、パンテオンに帰還。
カタリオンに聖物を渡し、背後にいる首謀者がマグナスだということを伝えると、慌てふためいてすぐに対応策を練るとのこと。

カタリオンをはじめとした騎士たちは攻撃に備えるため手が空いていないので、カタリオンはカイザーにバリアの偵察を依頼します。
東側がマグナスが占領しているヘリシウムに最も近いため、そこから異常がないかどうか見回ることに。
d0148092_15495691.jpg
しかし、バリアが弱まっているため、敵勢力の尖兵が既にこちらに侵攻してきていました。流石マグナスさん、戦となると仕事早いです。

ですが、まだ本隊はこちらには到着していない様子なので、とりあえず発見した敵を排除し、カタリオンに報告。

この時点でLv30になったので2次転職。
d0148092_15584149.jpg
カイザーの転職エフェクトは凝ってるのはいいんですが、例に漏れずにすぐウィンドウが出てくるので、見せようという気がないようですね。

ここからは怒涛の連戦に継ぐ連戦が始まるので、支給品を受け取り、スキルで基本攻撃力も上げて戦力を整えます。
スキルはドラゴンスラッシュ1次強化MAX、ピアスラッシュ(冒険家のラッシュに当たるスキル)、攻撃モード1次強化にそれぞれ1ずつ振るのがお勧めです。
基本戦術は、ピアスラッシュで集めて、ドラゴンスラッシュ(基本攻撃)連打です。

カタリオンに話しかけると、敵の急襲によって不意を突かれたため、ただでさえ迅速さに欠ける集団戦法を取る騎士団はまだ準備が出来ていない上に、斥候からの報告によると北側からも攻撃を受けているとのことで、カイザーが足止めに向かいます。
d0148092_16132122.jpg
ここからのクエストは全て↑のように自動で戦地へ飛ばされ、時間制限の無いモンパ形式(敵全滅がクリア条件のステージが複数)での攻略になります。
d0148092_16173164.jpg
北側の敵を倒すと、次は偵察兵が東側に敵の本陣を発見したとのことで東に飛ばされ~の。
d0148092_16275599.jpg
かと思ったら実はそれは敵の陽動で、南側からも攻めてこられて、西側には敵の大規模召喚陣が敷設中とのこと。
召喚陣が完成すると敵本隊が一気に召喚されてしまい、詰んでしまうためそれを阻止してくれと言われ~の(南側は騎士団が担当)。
d0148092_1630299.jpg
召喚陣敷設を阻止して、バリアは徐々に復旧し始めてるけど、南側で熾烈な戦闘が繰り広げられてるから騎士団に加勢し~の(と言っても実質カイザー単独戦)。
d0148092_1637394.jpg
そして、ここを食い止めると流石のカイザーでも限界が来てしまいますが、同時にバリアが復旧したため、バリア内の敵勢力は消滅。
危機一髪で難を逃れます。

ここで一息つけるかと思いきや、バリアを上手く利用すれば敵勢力の大半を殲滅出来るんじゃね?と思いつき、一転して反撃をペンリルに提案します。

作戦内容は、バリアをわざと解除して敵の本陣を誘い込み、タイミングを見てバリアを再稼動させて、バリアによって内側の敵を消滅させようというもの。

そのことをペンリルに伝えると、結構乗り気な様子。
どうせおびき寄せて一網打尽にするのなら、誘い込む敵は多ければ多いほど好都合。
よって、敵にこちらが用意した魔力増幅装置を使わせてマグナス陣営の軍隊を一気に召喚させてしまおうと、更にハードルを上げてきます(笑)。
d0148092_17313294.jpg
カタリオンに作戦を伝えると、先ほど妨害した西側にある大規模召喚陣に魔力増幅装置を投げ入れて、敵がそれを使って一気に召喚してきたところでバリアを再稼動、及び強化する、と作戦を具体的に煮詰めてくれます。

失敗すればノヴァが滅亡してしまうというかなりハイリスクな作戦ですが、形勢を逆転させるにはこれしかないということで、ノヴァの命運を天に任せ、一か八かの賭けに出ます。

果たして、マグナスの大軍をほぼ壊滅状態にすることが出来ました。カタリオンさん大喜び。
ここまで激闘に次ぐ激闘が続いたのに、これが会話だけで終わるってのが何となく味気ないですが(笑)。

しかし、マグナスの軍の中にはダルモア直下のスペクターもいたようで、そいつらはダルモアの強い力でバリア内でも弱っているとはいえ活動可能な様子。
ということで、パンテオン南側にいる上位スペクターを相手に、残党狩りです。
d0148092_1751973.jpg
残党を掃討すると、マグナスさんが出てきます。
d0148092_17535993.jpg
なんか称号が追放者から「暴君」になってますが……。ハ○ネロ?
で、「今の作戦、敵ながら天晴れよのぅ!」みたいなことを言ってきます。いや、もっと普通の喋り方ですが。

ちなみに、元々ノヴァなのに、バリア内ではマグナスさんも弱体化されてしまうようです。んー、追放者だからかな?
そこに、ベルデロスとエンジェリックバスターもカイザーに加勢に現れます。
d0148092_17581650.jpg
ABさんがカイザーと叫んじゃったので、カイザーであることをマグナスさんに知られてしまいました。

3対1ならなんとかマグナスを倒せるんじゃないかなと強気なカイザーですが、ABさんは流石にそれはあり得ないと止めようとするも、ベルデロスまで強気になってしまい退くに退けない状態になり、3人で攻撃。
しかし、マグナスさんは「お前等くらい弱った状態でも十分」と軽く反撃してきます。
d0148092_1864053.jpg
この一撃でカイザー以外はどこかに吹っ飛んでしまいました。
d0148092_1895729.jpg
そこに現れたカタリオンさん。「マグナスだ! 出合え、出合えー!!」と騎士団に招集をかけます。

流石に暴れ○坊将軍みたいに無双することは出来ないのか、状況が不利だと判断してマグナスさんは退きます。暴君なのに……。

そしてパンテオンに帰還。
カタリオンの話によると、マグナスの持っていた剣は、先代カイザーのカイセリウムだったとのこと。
また、マグナスの強さが予想以上のものだったため、ヘリシウム奪還は慎重に考えなければならないとのことでした。

それで、今回の防衛戦で勝利を収めたノヴァは勝利に酔ってますが、実際にマグナスと対峙してその力を思い知ったカイザーは焦りを感じていました。

そこで、同じくマグナスの攻撃を受けたベルデロスたちは大丈夫だろうか?と心配になり、ヘリシウム攻撃隊のアジトへ向かいます。
d0148092_18251356.jpg
ベルデロスは地震の弱さを痛感した上に、カイザーへの嫉妬と歪んだ劣等感、そしてプライドをズタズタにされたことで心に深い傷を負ってしまっている様子で、カイザーに八つ当たりしてしまいます。
その後、一人にしてくれと言い、黙ってしまいます。

ティアも何故か怪我をしているようですが、まだ他人を思い遣れる余裕はある様子。
「マグナスも含めて誰だって最初から強い訳じゃない。私たちも力をつければ、いずれはマグナスやダルモアに勝てるはず。だから元気出せよ!」と慰めてくれます。

一方、ベルデロスの方は思い詰め過ぎてしまい、「ヘリシウム攻撃隊みたいな遊びはもう終りにする」と言って、攻撃隊の解散を宣言。
それから、力こそが真理だと思い込んでしまい、「パンテオンにいたら未来がない」、「これからは自分の道を行かせてもらう。そしてお前より強くなってやる」と言ってパンテオンを出て、バリアを越えてどこかへ行ってしまいます。
d0148092_18432428.jpg
残されたティアとカイザーは戻ってくるまで待つしかないと諦めますが、カイザーはベルデロスに対して一抹の不安を抱えるのでした。

パンテオンに帰還したカイザーは、ヘリシウム評議会の議会長であるベルダーから、評議会の決定を伝えられます。
内容は、ヘリシウム奪還は現状では不可能なため、次元ポータルを使ってグランディスではない別の世界へ行って、共に戦ってくれる同盟を探すといったもの。

エンジェリックバスターにも同じ内容の任務が下されたらしいですが、何とも超展開ですなぁ……。

それから、取って付けた様な内容の話を、ペンリルから聞かされます。
長いので箇条書きにすると、曰く――

世界には「超越者」という「半神」の存在がいる。
超越者とは、この世の創造主である3人の「オバシオ」の世界別代理人のこと。
オバシオはそれぞれ、光、時間、生命を司っている。
ダルモアは戦争時、その生命が軽視される世界に激怒し、生命の超越者に覚醒。
ダルモアの目的は、全生命のリセット。
また、ダルモアは時間の超越者である「クロニカ」に自身の目的に協力するように要請したが、断られたのでクロニカの全能力を強奪。
次元ポータルは、その時に時空が歪み、グランディスのあちこちに出来たもの。
次元ポータルはどこに繋がるのか分からないため、評議会が封印していた。
ちなみに、光の超越者は「アイオナ」という者らしいが、その存在すら誰にも分からず。

で、グランディスの最大の脅威であるダルモアは現在、生命と時間の超越者という非常に強力な存在になっているため、評議会では、出来れば別世界の超越者の助力が欲しいとのこと。

なんつー無茶な要求(設定)だ……。
てか、異世界作ったら、メイプルのストーリー的にどうなの? ただでさえメイプルワールドだけでも情報があふれてるのに、風呂敷大きすぎやしないかい?

ちなみに、普通、神とかを数える時は「人」ではなく、「柱」という単位を使います。

で、話を戻して。
次元ポータルの封印を解くために、司祭(神官?)のクリアンを少し手伝って、ポータルを活性化させます。
d0148092_19351466.jpg
てかこの人、ABさんの正体さらっとバラしちゃってますよ。

そして、次元ポータルをくぐる前に、カタリオンからABさんは先に行ってしまったことを知らされます。また、その世界の特異な物質をクリアンに届けることも任務に含まれました。

そして次元ポータルをくぐった先は――
d0148092_19423754.jpg
まぁ、お決まりですな。

ってことで、続く!
[PR]
by yuragi-tsuki | 2013-01-10 01:42 | MapleStory | Comments(0)

花束とナイフ、あなたはどちらをお望みか?       MapleStory 桜サーバ     Lv210 斬り賊 揺月    Lv200 DK 雪維      Lv200 怪盗 涙奪     他の活動記
by yuragi-tsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 最新のコメント
今また漁ってたら、台湾の..
by yuragi-tsuki at 21:09
5次転職だとぉ!? と復..
by yuragi-tsuki at 23:59
友チャが切れる頻度も上が..
by yuragi-tsuki at 05:04
>緑のきりたんぴょさん ..
by yuragi-tsuki at 02:27
パトカーが原因で玉突き事..
by 緑のきりたんぴょ at 08:22
>緑の雪だるまさん ..
by yuragi-tsuki at 19:46
やぁやぁ!雪やべっすな!..
by 緑の雪だるま at 08:09
> リンク
<さくらんらん>

メイポの愉快な仲間たち
うさぎさんのブログ

ともの徒然日記?w
ともさんのブログ

きまぐれ日記
ハレさんのブログ
(休止中)

くまになったど
来夏さんのブログ
(休止中)

chicken's 3mins cooking
ちきんさんのブログ
(休止中)

紫苑のまったり道中~
紫苑さんのブログ
(休止中)

紅のめいぽ日記
紅さんのブログ
(休止中)

さくらんらん
さくらんらん専用ブログ
(要PASS)

<Friends>

Light☆My☆Fire
あーくさんのブログ
(休止中)

蓮華が彩る頃に
あやさんのブログ
(休止中)

メモプル日記
べりさんのブログ
(休止中)

桜サバ 黒にゃん&白にゃんメイポ隊
黒猫さんのブログ
(休止中)

メイプル日記
ショコラさんのブログ

Yuki Mix
友花さんのブログ
(休止中)

れぶろぐ -ザ・フォース-
れぶさんのブログ
(休止中)


リンク先の簡単な紹介はカテゴリの「はじめに」にあります。